読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

こんな場合はどうする?熱がある時、風邪薬と解熱剤を買う必要あるのか

お店の薬を知ってお得!

スポンサーリンク

 

こんな場合はどうする?熱がある時、風邪薬と解熱剤を買う必要あるのか

 

熱が高くて身体がつらい。すぐに何とかしたいけれど、解熱剤を飲めばいんだよね?あれれ、でも咳も鼻水もあるのだけれど、解熱剤と一緒に総合の風邪薬も飲んだほうがいいのかな‥。

 

そんな状況でお困りのあなたに、今回は「風邪薬と解熱剤はどちらも必要なのか?」を考えていきます。

 

 

(今回のお得という考えは、薬を正しく飲んで早くラクになり、仕事を休んでしまう場面を避けたり、通院代などの余計な出費を最小限に抑える‥金銭や時間の無駄をなくすことを目指しています)

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20160814142728p:plain

 

 

まずは結論から

 

 

結論から言いますと、どちらも購入して同時に飲む必要はありません。

 

例えば熱が高くて苦しんでいたり、のどの痛みが激しいときは解熱剤だけで十分です。

 

(もちろん、一番は病院に受診することですが・・)

 

解熱剤には熱を下げ、のどや体の痛みを和らげる成分が配合されていますので、それだけでOKなのです。

 

ですが咳や鼻水が出たり症状が多岐にわたるのであれば、総合かぜ薬を選択します。

 

 

ちょっと待って!気になる注意点

 

 

ここで注意が必要なのは解熱剤に配合されている成分が総合かぜ薬にも入っている場合があるのです。

 

まったく同じでなくとも同分類の鎮痛剤の可能性がありますので、併用はできませんしする必要はありません。

 

似た目的で使われ、似た作用を持った成分なので、そもそも一緒に飲む必要はないのです。

 

薬の説明文書にも総合かぜ薬と解熱剤を併用しないように書かれています。

 

 

具体的な成分は?

 

 

例えば、解熱鎮痛剤のイブプロフェンやロキソプロフェンです。

 

商品ではイブA(エスエス製薬)やロキソニンS(大正製薬)が挙げられます。

 

これに対して、総合風邪薬にもイブプロフェンが配合されている商品があります。

 

ルルアタックEX(第一三共ヘルスケア)や新コンタック風邪EX(グラクソスミスクライン)が当てはまります。

 

もちろん身体やのどの痛みの緩和や熱を下げる目的で含まれていますので、別に解熱鎮痛剤を飲む必要はありません。

 

 

でも一緒に飲んだ方が効くのでは?

 

 

併用すれば早く熱が下がるのではないか?と考える方もいるでしょう。

 

決してそんなことはありません。

 

熱が下がりすぎて低体温症の危険さえありますので、一緒には飲まないようにしましょう。

 

値段が安いときに念のためとして購入しておくのは問題ありませんが、同時に飲む必要はありませんのでご注意下さい。

 

 

この記事から言えること

 

 

・熱がある時は解熱剤のみでOK

・咳や鼻水など、風邪症状があれば(熱があっても)総合風邪薬のみでOK

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク