読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

薬の待ち時間の短縮に、不要な薬はあらかじめ医師に伝えよう!

スポンサーリンク

薬の待ち時間の短縮に、不要な薬はあらかじめ医師に伝えよう!

 

病院で処方箋を貰った後に、何も確認せずに、そのまま薬局に出していませんか。

 

時間に余裕のない時にこそ必ず処方箋に目を通すようにしましょう。

 

「そんなこと言っても、処方箋を見ても内容は分からない」

 

当然そう思うかもしれません。

 

ただ、処方箋に書かれている薬の名前さえ分かれば必要、不要の判断ができるので、薬局での待ち時間の短縮につながります。

 

(今回は時間の節約を目指して記事にしてみました)

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

そもそも薬局では何をしているのか?

 

処方箋を受け取ってからの薬局での対応は、薬が薬局に在庫してあるか確認する、処方箋に不明な点がないか確認する、患者さんに体質、併用薬などを確認する。

 

その作業が発生し、問題なければ薬の準備に取り掛かります。

 

もちろん処方箋の記載にミスがあれば、そこで病院に問い合わせをし、解決すれば調剤に入ります。

 

ここで、患者さん自身にとって重要なのが、処方箋に不明な点を作らせにくくすることです。

 

問い合わせ作業があれば当然、待ち時間も増え、薬の出来上がりは遅くなります。これではいけません。

 

このために、処方箋を病院で受け取った後に少しでも記載された内容を確認することが大切です。

 

 

例えば医師が出すと言った薬が処方箋に記載されていない場合

 

子供の薬で、風邪で風邪薬は出ているけれど、虫刺されの塗り薬が出ていない。

 

夏場になると多くなるそんな状況。

 

病院の会計時、受け取った処方箋に塗り薬があるか確認しましょう。

 

薬の内容ももちろんですが、「虫指されに塗る」や「赤み、痒いところに塗布」などの記載があれば問題ありません。

 

なければきちんと事務さんに「塗り薬も出してくれると言っていましたが‥」と伝えましょう。すぐに処方箋を書き直し発行してくれます。

 

これが薬局にそのまま処方箋を出した後では、「では医師に電話で確認してみますね」と調剤事務さんか薬剤師さんが丁寧に対応してくれるのはいいのですが、待ち時間が確実に長くなります。

 

混雑していればなお更でしょう。病院での処方箋受け取り時にパッと見るだけで、確実な時短になります。

 

 

例えばまだ手元に残っている薬がある場合

 

腰の痛みで、整形外科にかかり痛み止めの飲み薬とシップを出してもらった。

 

1週間後に再度診てもらったが、腰の痛みはすでにだいぶ引いていた。

 

飲み薬は飲み忘れもあり少し残っているが、貼り薬は使い切ったのでまた欲しい。そんな状況。ここで、処方箋を見てみましょう。

 

病院の受付で処方箋を受け取り眺めると、飲み薬とシップ薬の記載がある場合。

 

診察の時に残っている薬について伝えられなければ、最悪の場合、会計時でもかまいません。

 

今回は、受付の事務さんに「まだ飲み薬が残っているので、不要です」と言ってみましょう。

 

すぐに医師に確認をして処方箋を作り直してくれるでしょう。

 

やはり薬局に直接行き、気付いた時点で話をしても、電話での問い合わせをするので待ち時間が確実に長くなります。

 

あまり知られていませんが、残っている薬や飲み合わせに関しての処方内容の変更については、患者さんが支払う金額が増える可能性があります。

 

(これは薬局の診療報酬で国が決めていることですので、薬剤師の正当な仕事と考えていただければ幸いです)

 

変更があれば三割の負担で90円高くなります。ここで損はしたくありません。

 

受診する前に、必要な薬、不要な薬を考えて、診察時に医師に伝えてみましょう。

 

もしくは処方箋を受け取った時にきちんと内容を確認し行動することで、時短や節約にもつながるのです。

 

 

この記事から言えること

 

・病院に行って処方箋が出たら、その内容を眺めてみることが大切

・不明な点を尋ねることが結果的に時間と金銭面での節約に繋がる

 

 

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク