読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ご存知ですか?スーパーとドラックストアの特徴を知ってお得!

スポンサーリンク

ご存知ですか?スーパーとドラックストアの特徴を知ってお得!

 

週末の家族でのお買い物代表スーパーマーケット。生きていく上で必要な存在ですね。新鮮な野菜や果物はもちろん、お魚やお肉、お惣菜や加工食品など食に関わるあらゆる商品が販売されています。

 

対してドラックストアは、お薬や健康食品、介護用品、化粧品は当然ですが、生活雑貨やベビー用品、飲料や食品類など品揃えは多岐に渡ります。

 

今回はスーパーとドラックストアを比較して、お得に利用する方法を記載いたします。

 

 

この記事の目次

 

 

スーパーマーケットの特徴

 

スーパーマーケットから連想されるのは「食」です。元気に健康に生活するために食さなくてはなりませんが、その時に食材は必須です。

 

お肉やお魚、果物や野菜などはもちろん、お惣菜やお弁当などすぐに食べれる商品を購入できることは何よりも利点です。

 

コンビニやドラックストアでは生鮮食品が並べられていることはまずありません。そのため食品に関する物事はスーパーマーケットを利用するのが一番でしょう。

 

 

ドラックストアの特徴

 

特徴にまず挙げられるのがお薬を取り扱っていることでしょう。身体の異変や風邪等の不調はもちろん、眠りが浅い場合や疲れが溜まっているなど、病気となる前にも利用できるお薬があります。

 

飲んでいる薬があるけど忙しくて病院に行けない場合や、身体のことで自分ではわからないことなどがあればドラックストアの薬剤師さんやスタッフさんに相談することが望ましいです。

 

 

結局はどう使い分けをすればいいのか?

 

ここまでで、スーパーとドラックストアでそれぞれの特徴があることがわかりました。

 

果物や野菜、お肉やお魚など、食に関するものはスーパーを利用すれば良いでしょう。高級スーパーでなければペットボトル飲料やカップラーメンなどでも価格はだいぶ安く抑えられています。

 

ドラックストアでは生活雑貨や冷凍食品、栄養ドリンクのようにホームセンターやスーパーよりも値段が安く設定されているものを購入するのには適しています。

 

もちろん、症状に合わせて選んでいただくお薬に関しては種類も豊富に取り扱っているのでドラックストアで相談しながら購入することが望ましいです。

 

 

この記事から言えること

 

・食に関することはスーパーマーケットにお任せ

 

・価格が安価に設定されている生活雑貨や薬の選択肢を増やす面でドラックストアに利点がある

 

 

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク