読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

運転してもいい?眠くならない総合かぜ薬はあるのか?

スポンサーリンク

 

運転してもいい?眠くならない総合かぜ薬はあるのか?

 

受験が近くて勉強中に眠くなると困る、外回りの仕事で運転中にうとうとすると危ない。眠くならない風邪薬はないの?

 

もしそんな状況になったら、ドラックストアで探して見ましょう。見当たらなければ薬剤師さんや登録販売者さんに相談してみましょう。必ずあなたの要望に合ったお薬が見つかるはずです。

 

 

この記事の目次

 

 

 

眠くなるのはどの成分?

 

そもそも眠くなる成分はどの成分なのでしょうか。

 

それは抗ヒスタミン剤と呼ばれる成分です。例えばクロルフェニラミンマレイン酸塩やクレマスチン塩酸塩が挙げられます。

 

これらはくしゃみや鼻水を和らげる作用がありますので、一般的な総合かぜ薬に配合されています。

 

また、咳止め成分のデキストロメトルファンや痛みを落ち着かせるアリルイソプロピルアセチル尿素などが含まれるお薬も眠気は出やすくなります。

 

 

で、どの商品が眠くならないの?

 

それでは売り場を眺めてみましょう。種類は少ないですが、眠くなりにくいと明記されている商品があります。

 

某ドラックストアでは大正製薬パブロン50サトウ製薬ストナデイタイムが販売されています。

 

パブロン50は熱や体の痛みを和らげるアセトアミノフェン、痰の排出を良くするグアヤコールスルホン酸カリウム、のど粘膜の修復と去痰作用のある麦門冬湯を配合した総合かぜ薬です。

 

ですので、のどの痛みや、発熱、痰などの改善に効果が期待できます。先に述べた抗ヒスタミン剤は配合されていないため、眠気の心配はほぼありません。

 

続いてストナデイタイムです。こちらにもアセトアミノフェングアヤコールスルホン酸カリウムが配合されており、発熱や体の痛み、痰の症状に効果があります。

 

さらに鎮痛成分エテンザミドやせき止めのジヒドロコデインリン酸塩を配合していますので、まさに総合かぜ薬でしょう。こちらも眠気の出る恐れのある成分は含まれません。

 

 

抗ヒスタミ剤を配合しなくても効果はあるの?

 

抗ヒスタミン剤は鼻水、くしゃみに効果がありますが、この成分を除いたら鼻水には効かないのでしょうか。そんな疑問も当然生まれるでしょう。

 

先ほど述べたパブロン50では期待が出来ないかもしれませんが、ストナデイタイムは一味違います。

 

それは鼻水、くしゃみの緩和に適応を持つ漢方薬・小青竜湯が配合されているからです。眠くならない漢方薬であり、それでいて鼻水やくしゃみに効果もあります。これなら風邪のすべての症状に安心ですね。

 

しかも、1才から服用できるお薬なのです。ただ、唯一の弱点として顆粒タイプということです。顆粒なので苦味が少ないものの、粉が苦手な方は難しいかもしれません。

 

もちろんここに挙げた商品でなくとも、眠くなりにくいお薬を取り扱っているドラックストアはあるでしょう。

 

ご自身で分からなければその時の症状をきちんと伝え、スタッフさんに選んでもらうことが大切です。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

この記事から言えること

 

・眠気が気になるあなたは、眠くなりにくい総合風邪薬を選んでお得

 

スポンサーリンク