手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ドラックストアでみるみるポイントカードが貯まる!!~ウエルシア編~

スポンサーリンク

ドラックストアでみるみるポイントカードが貯まる!!

~ウエルシア編~

 

 

ドラックストアでポイントを貯めるお話の今回はウエルシア編です。

 

イオングループに属するウエルシアではご存知Tカードポイントが貯まります。

 

お得に貯める方法を探していきます。

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20160824223014j:plain

 

 

 

ウエルシアとは?

 

 

関東地方中心に展開されているドラックストアですが、近年東北や関西にもお店を出しています。合併を繰り返す形になっており、全国で1473店舗(H28/8ウエルシアサイトより)です。

 

ほとんどのお店は調剤併設であり、ドラックストアと調剤薬局を同時に利用できることもウエルシアの強みと考えられます。

 

 

Tポイントカードとウエルシア

 

 

ファミリーマートやツタヤでお馴染みのTポイントカードですが、このカードをウエルシアで利用できます。税込108円の購入で1p貯まります。

 

ポイント利用について低限はなく、2、3日のポイント付与後に1pを1円としてレジで値引きが出来ます。買い物時に「ポイントを使用しますか」と従業員に聞かれるので「はい」といえば使用できます。

 

この際、貯まっているポイントすべてを使うことも出来ますし、すべてを使わなくても問題ありません。端数(税込211円の場合の11円または1円)だけポイントで支払うことも出来ます。

 

共通ポイントの嬉しいところで、当然ほかの会社(ファミリーマートエネオスなど)さんで貯めたTポイントでも使用できます。

 

なお、Tポイントカード(クレジット機能なし)については店内で、無料で作ることができます。氏名や生年月日、電話番号、住所などの個人情報の記入はありますが、年会費も無料ですので1枚持っていてもいいでしょう。

 

ちなみにカードの左上にTのマークがあるものであれば、どこで作ったものであろうともTカードとして利用できるので、改めて作成する必要はありません。

 

 

ウエルシアでTポイントをお得に貯める方法

 

 

1、エコポイントの利用

 

エコポイントとは買い物のお会計時にレジ袋は不要と伝えることで付加されるポイントです。レジ袋ポイントとも呼ばれています。1会計時に2p(=2円分)の付与ですが、貰っておいて損はないでしょう。

 

ただ、タバコや、トイレットペーパーなどの特定の商品にはレジ袋ポイントは付与されない場合もあるので注意が必要です。

 

2、月曜日にお買い物をする

 

ウエルシアでは月曜日はポイント2倍のキャンペーンをおこなっています。

 

処方箋調剤は除きますが、ほぼ全品が対象になりますので、利用するのが望ましいでしょう。

 

3、シニアーズデーを利用する

 

シニアーズデー、つまりご高齢の方にとってお得な日です。

 

ウエルシアでは毎月15・16日に設定されており、Tポイントは通常時の3倍付与されます。

 

65歳以上からシニアパスポートを無料で作成できるので、対象の年齢のご家族がいれば持つのがお得です。

 

作成希望の場合は店内スタッフに声をかけてみましょう。

 

4、処方箋調剤も貯まります

 

調剤薬局や病院、医療関係者の中では賛否両論ありますが、ウエルシアでは処方箋調剤の自己負担分にポイントが付与されます。100円の支払いごとに1pです。

 

ただ、月曜日やキャンペーン時にポイント付与率が上昇することはなく一律です。さらには貯まったポイントでの支払いは出来ませんので注意が必要です。

 

 

Tポイントをお得に利用する方法

 

ウエルシアは徐々に認知されてきており、ポイント利用のお得さにも注目されています。それは、毎月20日は200p以上のご利用で、1.5倍の還元率で利用できることです。

 

例えばTポイントが200p貯まっていれば300円のお値引き、1000pでしたら1500円のお値引きです。え?と思うかもしれませんが、本当にお得です。

 

しかも、きりよく使う必要もなく、234pで351円値引き、2222pで3333円の値引きなんて使い方も出来ます。

 

貯めれば貯めるほどお得に利用できるので、他の企業でTポイントを貯めて、毎月20日にウエルシアで使い切る、なんてことも出来るのです。

 

Tポイントの使い道はウエルシアで20日に使用すればかなり生活の助けになりますね。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク