手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ロキソニンテープが薬局で買えるようになりました!~CMでお馴染みの医薬品シリーズ~

スポンサーリンク

ロキソニンテープが薬局で買えるようになりました!~CMでお馴染みの医薬品シリーズ~

 

 

俳優・谷原さんのテレビCMが最近流れていますが、その商品の名は「ロキソニンテープ」。あれ、ロキソニンテープって処方箋がないと貰えないよね、なんでCMしているの‥?そんな疑問が思い浮かぶかもしれません。

 

 

2016年8月の終わりに医療用のロキソニンテープはロキソニンSテープとして薬局、ドラックストアで購入できるようになりました(ちなみにロキソニンゲルとロキソニンパップもあります)。

 

 

今回は新発売になったロキソニン外用剤についてのご紹介です。

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20160923235957j:plain

 

 

ロキソニンSテープとは

 

 

ロキソニンの名はとても有名で、知らないヒトは少ないでしょう。近年、医療用のロキソニン錠が第1類医薬品として処方箋なしで購入できるようになったのは記憶に新しいところですね。

 

 

そして今回はロキソニンの外用剤(テープ、シップ、ゲル)が市販されるようになりました。市販といっても、セルフで大量に購入できるのではありません。要指導薬という分類です。

 

 

整形外科や内科でも肩や腰の痛みをお医者さんに訴えればロキソニンテープを処方してくれることがあり、8年経った今でも、その効果と安全性から広く使われている貼り薬です(ロキソニンテープ2008/4医療用販売開始)。

 

 

ロキソニンS外用剤はどこで買えるの?

 

 

で、ロキソニンSテープはどこで買えるの?についてですが、薬局または調剤薬局併設ドラックストアまたは併設はしていないが薬剤師が常駐しているドラックストアで購入することが出来ます。

 

 

自宅近くや駅前の処方箋を取り扱っているドラックストアが一番分かり易いかもしれません。もしどこも処方箋受付してないのであれば、調剤薬局がオススメです。調剤薬局なら確実に薬剤師はいるでしょう。

 

ドラックストアなら売り場にある空箱を薬局へもって行きましょう。面倒でしたら直接薬局を訪れてロキソニンS外用剤下さいといえば相談をできます。お話に何も問題がなければ購入できるでしょう。

 

 

ロキソニンS外用剤は要指導医薬品に分類された

 

 

今回、発売されたロキソニンSテープ(第一三共ヘルスケア)は要指導医薬品に分類されました。要指導医薬品とは薬剤師の対面販売によって購入できる商品です。第1類医薬品も対面販売ですが多少ルールが異なります。

 

 

要指導医薬品では、使用する本人に、常備の目的ではなく、購入できるのは1箱まで、という決まりがあります。このあたりが第1類医薬品を購入する際よりも厳しいルールと考えられます。

 

 

1箱までに関しては、ロキソニンSテープに関しては7枚入と14枚入りが発売されましたから、多く必要なら14枚入りを購入すれば問題はありません。ただ、家族が使う場合には購入することは不可能です。薬剤師に尋ねられたら、自分が使うと言わなければ購入できません。

 

 

なぜ買えないの?とお思いになるかもしれませんが、これは単純にイジワルではありません。それだけ注意が必要な薬だからと言えるでしょう。セルフで買って何か起こってからでは遅いのです。

 

 

医療用のロキソニンテープとの違いはあるのか?

 

 

正直なところ有効成分ロキソプロフェン成分量や貼り心地などに大きな違いはありません。医療用も市販のロキソニンも同じ第一三共ヘルスケアで販売されているためです。

 

 

ちなみに医療用のロキソニンテープ50mgがロキソニンSテープ、ロキソニンテープ100mgがロキソニンSテープL、ロキソニンパップ100mgがロキソニンSパップ、ロキソニンゲルがロキソニンSゲルに対応しています。

 

 

さいごに

 

 

ロキソニンS外用剤シリーズが新発売されて1ヶ月経ちました。まだまだ処方箋なしで購入できる認知度は低いような気がしています。同時に要指導医薬品や第1類医薬品を取り扱っているドラックストアも減少傾向にありますから、売れ行きは伸び悩むのではないかと予想しています。お読みいただきありがとうございます。

 

 

この記事から言えること

 

 

ロキソニンテープやパップなどの外用剤が処方箋なしでも購入できるようになった

・痒みやかぶれ、痛みが続くなら病院へを基本としてご使用下さい

 

 

スポンサーリンク