読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

アレグラFXは第2類医薬品になるよ~CMでお馴染みの医薬品シリーズ~

スポンサーリンク

アレグラFXは第2類医薬品になるよ~CMでお馴染みの医薬品シリーズ~

 

 

嵐・大野くんのテレビCM「あれ~ぐら~」でお馴染みのアレグラFX(久光製薬)。今までは薬剤師の対面販売(もしくはインターネット通販)でしか購入できなかったのですが、11月初旬からいよいよセルフで購入できるようになります。

 

 

セルフの何が嬉しいかって?それは薬剤師や登録販売者へ薬の相談をする必要がなくなったことです。いちいち薬剤師に話しかけて「お飲みになったことはありますか?」「はい」「何か気になる点はありませんか?」「ありません」などの長く愛用している方にとっては不要な、形式上のやり取りがなくなるからです。

 

 

薬剤師だって他の業務もあり忙しいですから、花粉シーズンになって重なるアレグラ購入者の対応には疲れ果てていたでしょうし、お客さんにも薬剤師にとっても第2類医薬品への移行はいいものになるでしょう。

 

 

今回はそんなアレグラについての確認記事です。

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

そもそもアレグラは医師の処方箋がなくても買える?

 

 

病院や薬局、ドラックストアをよく利用する方はご存知でしょうが、近年アレグラは処方箋がなくても購入することが出来るようになっています。要指導医薬品という分類で、本人への対面販売のみの1箱までの購入で、代理人だったり、家に念のために置いておくなどの理由では購入はできませんでした。

 

 

服用者が多くなり、重篤な副作用が頻繁には見られなかったので、規制が緩和され第1類医薬品となり、個数制限や使用者本人の購入でなくとも買うことができるようになりました。ただ、それでも不便は不便です。やはり購入時には薬剤師とのやりとりは必須ですし、意外と薬剤師が常駐しているドラックストアも少ない現状でした。

 

 

薬剤師がいないから欲しいのに買えない‥。アレグラFXが第2類に移行することで、そんな状況がついに改善されます。

 

 

第2類医薬品とは?

 

市販されている医薬品は要指導医薬品、第1類、第2類、第3類医薬品に分類されています。医薬品の分類は効果ではなく、安全面です。第2類に分類されていれば、第1類医薬品よりも安全性が高く、第3類医薬品よりも安全性が低いと考えられます。

 

 

要指導医薬品、第1類医薬品については薬剤師との対面販売になりますが、第2類、第3類医薬品に関しては、必要ならば説明を受ける必要があります。ただ、強制ではありませんので、長く使っている方で薬に対する疑問がなければそのままレジに持っていけば購入が出来ます。

 

 

きちんとしたドラックストアでしたら、レジで購入時に少し話し聞かれるかもしれませんが薬剤師よりは対応が甘いです。登録販売者という第2類、第3類医薬品を販売するにあたって営業時間内に必ず居なくてはならないスタッフさんがレジに入っていれば、話しかけてくるでしょう。

 

 

とにかく今後は基本的にはセルフで購入することが可能になります。

 

 

副作用救済制度とは?

 

 

アレグラといえば、花粉症やアレルギーで耳鼻科や内科から処方されることで有名ですね。さらには皮膚科で痒みや蕁麻疹で受診するとアレグラをもらえることもあります。その適応範囲は様々ですが、市販されているアレグラFXではアレルギー性鼻炎の効能しか取得していません。

 

 

そのため、蕁麻疹で痒みを抑えるために市販されているアレグラFXを購入して身体に悪い影響があった場合には副作用救済制度は適応できません(そもそも今までは薬剤師が購入時に症状の確認をしているので買うことはできないはずですが‥)。

 

 

救済制度?初めて聞くかもしれません。副作用救済制度という市販の薬を正しい飲み方をしたのに関わらず悪い作用が出た場合に救済してくれる(治療費を助成してくれるなど)制度があります。

 

 

残念ながら、鼻炎にしか適応が通っていないアレグラFXを皮膚の症状で飲んだ場合には正しい飲み方とは言えませんので、おそらく救済はされないでしょう。

 

 

さいごに

 

 

セルフで購入できるようになりますが、その値段が安くなるわけではありません。継続して服用するのであれば安全面からも定期的に受診するようにしましょう。お読み頂きありがとうございます。

 

 

参考文献:アレグラFX添付文書

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】アレグラFX(28錠)
価格:2036円(税込、送料別) (2016/12/30時点)


 

スポンサーリンク