読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ドラックストアにお子さん連れて行くと‥ガチャガチャに要注意!

スポンサーリンク

 

ドラックストアにお子さん連れて行くと‥ガチャガチャに要注意!

 

 

ドラックストアでは客寄せ&お客さんにお金を落としてもらうために(毎度、表現が悪くてごめんなさい)、販売している商品以外の対策もおこなっています。

 

例えば、1枚5円のコピー印刷機、プリントできる写真、UFOキャッチャーのような、よりドラックストアを利用してもらえる便利さと誘惑を考えたものたちです。

 

ガチャガチャも例外ではなく、お客さんにもお店側にも様々なメリットがあります。

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20160902235017j:plain

 

 

ガチャガチャとは?

 

ガチャガチャとはコインを入れて、ぐるっとまわすとカプセルが出てくるあの機械です。みなさんもこどもの頃にデパートや電気屋さん、おもちゃ屋さんで回したことがあると思います。

 

それが今ではお住まい近くのスーパーや100円ショップ、ドラックストアにも設置されています。これだけ身近な存在になるというのは、需要があるということでしょう。

 

 

色んなガチャがあるよ

 

 

ガチャガチャには様々な景品が用意されています。人気キャラクターのフィギュアであるとか、おもしろ消しゴム、ミニ型のライトなどもあります。

 

どれも決まった景品ではなく、同ジャンルのものが何種類も出るようになっています。集めたいという好奇心を逆手にとって、たくさんのお金を使ってもらう製作者の魂胆もあるのでしょう。

 

 

お客さん側のガチャガチャのメリット

 

 

例えば不要なものでも、興味がある商品なら大人の方でも購入する場合があります。もちろん子どもにとっての「何がでるのかなというわくわく感」はハンパありませんので、景品に関わらずやりたがる傾向にあります。

 

これを果たしてメリットといえるのでしょうか。改めて考えてみると、何が出るのかわからないお楽しみ的な感情を事前に味わえること、気に入った景品が当たれば今後の人生の宝物になるかもしれません。

 

 

お店側のガチャガチャを設置するメリット

 

 

ドラックストアの店内や出入り口でガチャガチャを見かけることがあると思います。そのガチャガチャメーカーとお店側が提携している場合なら、設置支払い料なしで置いているお店もあるでしょう。

 

ただ、そんなお店はほとんどなく、お金を払って設置しているのが現状です。お店のスペースに商品を陳列すれば店側の売り上げになるのに、何故あえて設置しているのでしょうか。

 

それは、アミューズメント性を考えたお客さんへの釣りなのです。もちろんガチャガチャ目当てで来店するお客さんはいないでしょうが、お店が楽しいところであることを認識させることが出来ます。

 

楽しいところであれば、用がなくとも訪れる場合もありますし、結果的にお客さんを増やす効果が得られます。

 

設置にかかる多少の金銭的損失よりも、お店側の商品販売による利益を優先しているのでしょう。

 

 

つまりガチャガチャを利用するのは?

 

 

お客さんにとってガチャガチャは罠以外の何者でもありません。お子さんを連れて行けば興味を示しますので、ガチャガチャ設置場所は通らないのが無難でしょう。

 

もちろん、気に入ったものや必要なものがガチャから得られる場合もありますので、全面的に否定しているわけではありません。

 

 

この記事から言えること

 

 

・子ども連れでガチャガチャを利用するのは、無駄な出費になる場合が多い

・気に入ったもの、必要なもの以外は利用しないほうが無難

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク