手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

まだ門前薬局で時間を消耗してるの?薬を貰うのは近所の薬局がオススメ!

スポンサーリンク

まだ門前薬局で時間を消耗してるの?薬を貰うのは近所の薬局がオススメ!

 

今回はドラックストアに限らず、薬を貰う薬局選びについてです。

 

病院に行って診察を受けるまでに、予約をしていた場合でも長く待たされることが多くあります。混雑して待ち時間の余計に延びる、冬の風邪シーズンなんて本当につらいです。

 

病院では、まだお医者さんに診てもらえる、ということがモチベーションになって我慢して待てるかもしれません。ただ、薬局ではどうでしょうか。薬を受け取るだけなのに‥。その待ち時間はとても苦痛です。

 

ただ、薬局って今はどこにでもあるじゃないですか。病院の目の前に立ち並ぶ薬局はもちろん、少し離れた個人の薬局や自宅近くのドラックストアでも処方箋調剤はしています。どこを選べばお得なのでしょうか。

 

(今回は時間の消耗に関して、どんな薬局なら時間がかからずお得か、に論点をおいています)

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

いわいる門前薬局とは?

 

 

門前薬局とは大病院や個人医院の目の前や周辺に立地している薬局をいいます。薬局自体は建前上どこの医療機関の処方箋も調剤できるようになっていますが、実際に受け付けている処方箋は近くの病院のものが多く占めています。

 

門前薬局のメリットは近隣病院の薬を大抵取り扱っていることです。あたり前とお思いになるかもしれませんが、薬の種類は莫大にあります。全てを取り揃えるのは不可能と言っていいでしょう。

 

門前薬局は近隣の病院が採用(取り扱っている)薬を把握していますので、処方された薬がない、ということはまずありません。

 

 

近所の薬局とは?

 

 

ここで語る近所の薬局とは、病院から離れた薬局または調剤併設ドラックストアを想像していただければ問題ありません。

 

特定の病院から離れていることは、薬の在庫が極端に絞られているか、広く対応できるかどちらかです。基本的には処方されない薬は期限が切れて廃棄になってしまうこともありますので、薬局の経営に多大な被害が出ます。

 

資金に余裕がある薬局は別として、近所の薬局は取り扱っている薬の在庫は少ないと考えて間違いないでしょう。

 

 

つまりどちらがお得なのか?

 

 

今回は時間についてのお話なので、待ち時間を比較してみましょう。門前薬局はとにかく待ちます。なにせ病院が終わってみなさんがどっと押し寄せるのですから、病院の待ち時間並みに待つことさえあります。

 

薬局によっては、時間のかかる薬(粉薬、シロップ剤、種類が多い、錠剤の数が多い、分包が必要など)とすぐにだせる薬(目薬、種類が少ない、日数が少ないなど)によって待ち時間を変えているところもあるようです。

 

ただ、それでも何人も待っていれば待ち時間は当然長くなります‥。一度帰って取りに来る方法もありますが、病院(薬局)が遠ければ時間の手間になってしまいます。

 

そこで近所の薬局の出番です。

 

扱っている薬の種類は少ないかもしれませんが、薬が在庫していた場合の待ち時間は門前薬局より格段に短いです(薬の内容によっては時間がかかることがあります)。もちろん混んでいる薬局もありますが、もし待つとか薬が数時間後に揃うようなら自宅に帰って休んでもいいですし、ご家族が再度薬局を訪れても問題ありません。

 

このように近所の薬局のメリットがありますので、利用するのも時間の節約につながります。

 

 

この記事から言えること

 

 

・門前薬局に比べて近所の薬局は(薬の内容によるものの)待ち時間がたいてい短い

・(在庫が揃わない場合もあるので)薬に余裕があれば是非自宅近所の薬局を利用してもよいでしょう

 

 

お読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク