読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ご存知ですか!処方せんはFAXを使うと待ち時間の短縮ができる!

スポンサーリンク

ご存知ですか!処方せんはFAXを使うと待ち時間の短縮ができる!

 

今回は無駄な時間を省こう、時間のお得に迫るシリーズです。

 

調剤薬局や調剤併設ドラックストアに処方箋を持っていくと、意外と待ち時間が長いことに気付きます(とはいえ門前薬局に比べればとても早いのですが‥)。

 

テレビがあったり、本や雑誌、漫画があったりと充実した広さのある待合室なら待ち時間も苦になりませんが、そうでなければ言い過ぎかもしれませんが、時間の無駄です。

 

この無駄な待ち時間を短縮して、家に帰って休む時間を手に入れる方法があります。それは、処方箋を病院で受け取ったらあらかじめ薬局に渡すことです。

 

今回は薬局での待ち時間の短縮について記載していきます。

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20160928231035j:plain

 

 

薬局での待ち時間の短縮のメリット

 

 

誰でも無駄な時間はないほうが良いと考えるでしょう。それが薬局や病院での待ち時間です。今回は調剤薬局についてですが、待ち時間をなくす(減らす)ことで確実にあなたにゆとりが生まれます。

 

風邪を引いて受診した場合には早く帰って眠ることが可能です。それによって回復が早くなることももちろんあるでしょう。具合が悪くなる恐れが低くなります。

 

いよいよ待ち時間を減らす方法についてです。

 

 

待ち時間を短縮する方法

 

 

FAX

 

たいていの調剤薬局であれば、大病院や個人医院、個人宅からのFAXを受け付けています。大病院では近隣各薬局のFAX番号を登録している場合も多く、院内にFAXコーナーも存在しています。近くにいるスタッフさんにFAXをお願いできる病院もあるようです。

 

病院では送れないから家で送りたい、それもOKです。もしFAXがなくてもコンビニで送ることも出来ますので是非利用してみてください。

 

FAXをあらかじめ送ることで、薬剤師は余裕を持って調剤することができるのです。慌てる心配はありませんから、間違ってしまう恐れも少なくなります。

 

もちろん患者さんにもメリットがあり、処方箋原本を持っていけばすぐに薬が受け取れます。つまり待ち時間の削減につながります。

 

電子メールサービス

 

今はインターネット経由で処方箋の情報を薬局に送ることも出来ます(もちろん個人情報の管理もしっかりしています)。FAXを送るか画像を送るかの違いはありますが、どちらもスムーズなお薬の受け取りが可能になります。

 

以前、述べさせていただきましたので電子メールサービスの詳しい話についてはこちらをご覧下さい。

 

 

 

昔ながらなやり方

 

FAXが使えない、壊れている、スマホも操作が難しい。そんな場合には昔ながらのやり方がお勧めです。それはいったん処方箋原本を預けて、再度行く方法です。手間じゃね?と思うかもしれません。

 

はっきり言って手間です。また、車を利用するならガソリン代もかかる可能性もあります。ただ、待ち時間の短縮には確実になります。気分の優れない家族がいれば、薬局によって処方箋を預けて、家族は寝かせて時間をおいて取りに来る。意外といい方法なのです。

 

今は薬局の数が増えていますから、ご自宅の近くの薬局、調剤併設ドラックストアを利用すれば問題はありません。在庫がなくとも数時間あればそろえることができますから。

 

 

この記事から言えること

 

 

・FAXは意外と使い勝手がよく、処方箋をあらかじめ薬局に送れば待ち時間の短縮に確実になる

 

 

お読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク