手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

アルコールなどによる頭痛にアルピタンがおすすめ!~CMでお馴染みのお薬シリーズ~

スポンサーリンク

アルコールなどによる頭痛にアルピタンがおすすめ!~CMでお馴染みのお薬シリーズ~

 

 

「あったらいいね、を形にする小林製薬」からまたまた新商品が発売されました。アルコールなどによる頭痛を和らげる「アルピタン」(第2類医薬品)です。

 

 

ターゲットは間違いなくアルコールを好む働き盛りのサラリーマン、キャリアウーマンでしょう。忘年会、新年会などの飲む機会の多い年末年始も近づいていますので、発売時期も絶妙といえます。

 

 

とはいえ、アルコールを飲む方に限らず、2歳以上からご高齢の方まで服用できる商品ですので、その効能・効果の範囲も広いものです。

 

 

今回は小林製薬から新発売されたアルピタンについて記載していきます。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20161023222744j:plain

 

 

 

アルピタンには何が配合されているの

 

 

アルピタンには漢方薬の五苓散料(ゴレイサンリョウ)エキスが配合されています。医療用(お医者さんからの漢方処方:17番)でもお馴染みの漢方薬ですが、水分循環を改善し、無駄な水分を取り除く働きがあります。

 

 

具体的には頭痛、吐き気、嘔吐、めまい、腹痛、むくみ、下痢などの、体内の水分の流れが原因の症状に効果を発揮します。胃腸炎や、めまい、浮腫の改善に医師から処方されることが多々あります。

 

 

今回「アルコールなどによる頭痛に」というフレーズで売り出していますが、アルコールの体内循環を改善し、排出を進めることにより、アルコールが原因となる頭痛を引き起こしにくくしたり和らげたりすることを意味しているのでしょう。

 

 

 

アルピタンの飲み方は

 

 

15歳以上の方なら1回1包1日3回食前または食間が基本的な飲み方です(漢方薬は食事の栄養分と混ざり合い効果が減弱する恐れが知られているので空腹時がオススメです)。

 

 

アルピタンは1箱6包入りで販売されているので、2日分とも解釈できます。ちなみに某ドラックストアでは1箱税込み1080円です。たった2日分で1080円‥と思うかもしれませんが、漢方薬を組み立てる生薬の価格が沸騰しており、漢方薬自体の値段が高くなっています。

 

 

高いように感じますが、五苓散を用いる場面は急性期症状のことも多く、2日分服用しても改善されなければお医者さんに受診するのが良いでしょう。

 

 

 

どこで買えるのアルピタン

 

 

新発売なので品薄になる恐れがある‥とはまだいえませんが、基本的にはインターネット通販やドラックストアで購入することが可能です。

 

 

インターネット通販では楽天やアマゾンがお馴染みでしょう。品切れでなければ、翌日にも届く大変便利な世の中ですね。

 

 

ドラックストアでは小林製薬と取引のある各社で販売しています。ドラックストア店内の総合風邪薬、ドリンクストッカー、栄養ドリンク、胃腸薬の売り場などで展開されています(アルコールとの関連で主に販売していますから、当然でしょう)。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

・アルコールが原因の頭痛に適した漢方薬商品アルピタンが新販売となった

・配合成分五苓散料エキスが水分循環を改善し、余分な水分は排出させる

・アルピタンで改善されなければ受診することも考えよう

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

参考文献:アルピタン添付文書

 

 


 

スポンサーリンク