読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

目の周りにも使えるキュアレアα~CMでお馴染みのお薬シリーズ~

CMの商品をお探しの場合はコチラ!

スポンサーリンク

目の周りにも使えるキュアレアα~CMでお馴染みのお薬シリーズ~

 

 

顔や目の周りがかゆい、かぶれてしまう、といった肌トラブルにお困りの場合には小林製薬キュアレアα(第2類医薬品)がオススメです。

 

 

キュアレアα?聞いたことない‥。それもそのはずキュアレアαは201697日に発売された比較的新しい塗り薬なのです。今回はこのキュアレアαについて記載していきます。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20161023223242j:plain

 

 

 

顔に使えるキュアレアα

 

 

「顔などのかゆみやかぶれに」がフレーズのキュアレアα。顔などという記載からも顔だけでなく身体にも使用可能と予測できますね。ただ、顔や目の周りに塗れるというのはウリのひとつと捉えていいでしょう。

 

 

市販の塗り薬で目の周りに使えると直接うたった商品はほぼありません。あらゆる塗り薬の注意書きには「目に入った場合にはすぐに洗い流して異常が感じられれば眼科に受診してください」との記載があります。つまり、目の周りに使えないとは言えないけど、目に入ってしまったら自己責任でお願いします、ということでしょう。

 

 

キュアレアαもその点では例外ではなく、目の周りに塗布できるものの、目に入ってしまったら洗い流す旨が記載されています。これではその他塗り薬と同じような気がしますが‥。

 

 

 

キュアレアαは非ステロイド

 

 

パッケージに小さく書かれていますが、非ステロイド性成分配合というのもウリのひとつです。ステロイド成分は炎症止め効果が非常に優れていますが、医師の正しい指導がなければ悪い作用の発現にも繋がってしまいます。

 

 

キュアレアαのように市販されている塗り薬は基本的には自身の判断で購入することが多くなります。数多くある塗り薬の選択や塗り薬の止め時など自己判断では難しい場面がありますね。

 

 

ステロイド剤に関しては効果も易しめで、ステロイド剤に比べて悪い作用も出にくいと考えられていますから、ステロイド剤を配合していないキュアレアαが比較的選び易い商品といえます。

 

 

 

キュアレアαの有効成分は

 

 

キュアレアα100g中にウフェナマート5g、ジフェンヒドラミン1g、グリチルレチン酸0.3g、(その他添加物)が配合されています。

 

 

ステロイド成分ウフェナマートは医療用ではフエナゾールとして小児科や皮膚科で使われている安全性の高いお薬です。赤みや炎症を鎮める効果を持ちます。

 

 

その他、痒み止め成分のジフェンヒドラミンや炎症止めのグリチルレチン酸を含有しています。

 

 

 

キュアレアαはこんな肌トラブルにおすすめ

 

 

花粉や乾燥が原因の痒みやがさつき、化粧品や汗、金属などが原因のかぶれ、かゆみへの使用がお勧めです。もちろん顔にも使用できますし、身体の肌トラブルにも適していますから、とても使い勝手がよい商品といえます。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

・目の周りや顔にも使用できる小林製薬キュアレアαが発売された

・非ステロイド成分配合のため、首や顔など皮膚の薄い部位にも手軽に塗ることができる

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。 

 

 

参考文献:キュアレアα添付文書  

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便 送料無料】キュアレア 8g【第2類医薬品】
価格:918円(税込、送料無料) (2016/12/30時点)


 

スポンサーリンク