読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

失いがちな水分・塩分をOS-1(オーエスワン)で補おう!

スポンサーリンク

失いがちな水分・塩分をOS-1(オーエスワン)で補おう!

 

 

突然ですが、OS-1(オーエスワン)という商品をご存知でしょうか。OS-1(オーエスワン)は身体で失いがちな水分や塩分を同時に補うことのできる飲料です。口から補える点滴とも捉えられ、経口補水液といいます。

 

 

夏場には必ず所ジョージさんがテレビCMで「脱水予防にOS-1(オーエスワン)」と、脱水をなくそうとしているのか、知名度を上げようとしているのか、流れていますね(夏場に限らず、ノロやロタなどのウイルス性腸炎、風邪症状の脱水時にも有用です)。

 

 

認知はされてきましたが、内容や飲み方などに注意が必要な場合もありますから少し考えてみます。

 

 

今回はドラックストアで購入できる経口補水液OS-1(オーエスワン)を知ってお得の記事です。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20161210230904j:plain

 

 

OS-1(オーエスワン)とは

 

 

OS-1(オーエスワン)は夏場や発熱時、脱水時などに水分と電解質をより取り入れ易くした飲料です。有名なアクエリアスポカリスエットなどのスポーツ飲料に比べて塩分濃度が高く、身体に吸収され易い濃度に保った飲料です。

 

 

塩分濃度が高めなので、塩辛く(しょっぱく)感じる方がほとんどでしょう。ただ、不思議と身体の調子が悪いとき、水分や塩分を欲っしているときには、美味しく飲むことができます。

 

 

ちなみにOS-1(オーエスワン)にはゼリータイプも販売しており、飲料で飲みにくい場合にはゼリータイプがお勧めです。ただ、ゼリータイプは価格が割高ですので注意が必要です。

 

 

 

OS-1(オーエスワン)の飲む量は決まっている

 

 

塩分濃度が高いので、失った電解質を早く補給することが可能ですが、問題点もあります。例えば、日常的にOS-1(オーエスワン)を摂ると、身体の電解質濃度が上昇しすぎてしまい、バランスが崩れます。飲みすぎで脱水症状になってしまう恐れもありますから決められた場面と量を守る必要があります。

 

 

決められた量をがぶ飲みするのではなく、こまめに補給をすることが大切です。

 

 

OS-1(オーエスワン1500ml1000ml(成人)が目安の量ですが、1000mlでは食塩約2.9g、カリウム0.7gが含有されています。このため高血圧、心臓病、腎臓病、カリウムの制限をしている方は注意しなければなりません。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

・脱水時にOS-1(オーエスワン)を適量飲むことが身体を救う可能性がある

・食塩やカリウムの制限をしている場合には主治医か看護師、薬剤師などに確認が必要

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

参考文献:OS-1(オーエスワン)添付文書

 

 


 

スポンサーリンク