読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

あのウルソ配合の市販薬があるよ!タナベ胃腸薬ウルソ!

話題の商品を知ってお得!

スポンサーリンク

あのウルソ配合の市販薬があるよ!タナベ胃腸薬ウルソ!

 

 

「ウルソ」をご存知でしょうか。胆石や肝臓病で医師から処方されるお薬です。医師から処方されるというと市販(ドラックストアや薬店など)では販売していないように思えますね。

 

 

実は販売しているのです。それがタナベ胃腸薬ウルソ(第3類医薬品)。時間がなくて病院に行けないので緊急的に飲みたい時、消化不良や胃もたれでお困りの時にもオススメできる商品です。

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20161028220412j:plain

 

 

 

ウルソとは?

 

 

ウルソは田辺三菱製薬から販売されている医療用医薬品の商品の名前です。有効成分はウルソデオキシコール酸と言います。主な作用は3つあります。

 

 

1つは利胆作用です。胆汁の流れを改善して小さめの胆石を溶かす働きがあります。2つ目は肝臓機能の改善作用です。肝臓の血流を改善して肝臓を保護する作用があります。最後に消化吸収改善作用です。これは単純に消化不良の改善に働きます。

 

 

 

少し詳しくウルソの働き

 

 

ウルソデオキシコール酸が腸から吸収されると肝臓・胆のうを通じて腸内に排出され、再度腸で吸収されます。この腸管循環を繰り返すことにより長く薬の効果を発揮することが可能になります。

 

 

また、ウルソデオキシコール酸は胆汁酸の分泌を促進する作用があります。この胆汁酸はお食事の脂肪分の消化吸収に携わっています。歳をとると胆汁酸が減少することもありますから、もたれやすくなってしまうのです。

 

 

 

タナベ胃腸薬ウルソと医療用のウルソの違いは

 

 

タナベ胃腸薬ウルソは1日1回1回1錠(50mg)で用法が定められています。対して医療用では症状によりますが、1日150mg~最大900mgで使用されるのが一般的です。

 

 

内容はほぼ一緒ですから、はるかに市販の商品が少ないと考えることが出来ます。少ないから効果が弱いとは言い切れませんが、治療に専念するのであれば受診するのがよいでしょう。

 

 

 

ウルソが身体に合わない場合も?

 

 

数あるお薬の中では、重い副作用は出にくい成分です。まれに軟便や吐き気、食欲不振などの消化器症状が出る場合もあります。服用中に気になる症状が続くなら、中止して受診するのが望ましいでしょう。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

・胆石や肝機能保護に医療用で用いられるウルソデオキシコール酸は市販でも購入が可能

・ウルソデオキシコール酸には利胆作用、肝機能改善作用、消化吸収改善作用がある

・医師による治療中であれば市販ではなく受診するのが安全

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

参考文献:タナベ胃腸薬ウルソ添付文書

 

 


 

スポンサーリンク