手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ドラックストアは薬を買うのではなく、相談をするところ!

スポンサーリンク

ドラックストアは薬を買うのではなく、相談をするところ!

 

 

少し過激な記事名になってしまいましたが、ドラックストアを賢く利用するのであれば、無理にお金を使う必要はありません。

 

 

もちろん、食品や雑貨などの品揃えも多いので、自分にとって必要なものなら購入するのがよいでしょう。ただ、薬や化粧品は高額なものも多く、購入時に迷うことがあります。

 

 

迷った時には店舗のスタッフさんに話しかけ相談することが一般的ですね。病院でお医者さんに相談(診断)することはお金がかかりますが、ドラックストアでスタッフさんに相談することは無料なのです。

 

 

せっかく相談にのってくれたのに悪いな、話を聞いてくれたのに何も買わないなんて。そんな風に思う必要はありません。自分にとって必要なものなら購入すればいいのですから。

 

 

今回は究極のドラックストア活用術です。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

ドラックストアで薬を買う必要があるのか

 

 

ドラックストアを経営する側にとっては大変申し訳ない表現ですが、無理に薬(商品)を買う必要はありません例えば風邪をひいて「大変だ」と思い、すぐに近所のドラックストアを訪れたとしましょう。

 

 

何もわからなければ、とりあえず店舗のスタッフさんに声をかけるでしょう。「すみません、今の症状にあった薬はありますか?」という風に。

 

 

ここで、その店の店長の指導が行き渡っている場合、十中八九、ドラックストアグループの推奨品をすすめてくるでしょう。のどの痛みがひどいのですが‥総合かぜ薬A商品。咳が続くのですが‥総合かぜ薬A商品。吐きっぽいのですが‥総合かぜ薬A商品。という具合に。

 

 

?と感じるかもしれませんが、ドラックストアグループが推奨する総合かぜ薬はとても上手く出来ており、風邪のあらゆる症状に対応できるよう設計されています。ですので、どのような風邪の症状でも同じ商品がすすめられることが多いのです。

 

 

 

ドラックストアの推奨品とは?

 

 

 

各社ドラックストアでは、儲けを出すために売りたい商品を決めています。例えば、総合かぜ薬で人気のあるルル(第一三共)やパブロン大正製薬)は抜群の売れ個数を誇ります。ただ、大手メーカーの商品をドラックストアで仕入れて販売するのですが、納入価が高く設定されています。

 

 

仕入額が高ければいくらたくさん販売したとしても、ドラックストアの儲けは微々たるものです。これら人気の商品をチラシに掲載し販売価格を普段より下げると、1個売っても赤字になってしまう有名な話もあります。

 

 

そして、ドラックストアの推奨品はPB(自社製品)である場合が多いですが、そうでないこともあります。商品の仕入れ額が低く、販売すると儲けが出やすい商品を推奨品とする場合もあります。

 

 

ドラックストアの推奨品とはより儲けを出すための商品と考えることができます(ただ、他の薬とほとんど同等の効き目がありますので、効果の心配はいりません)。

 

 

 

勧められた場合に買うか買わないか迷ったときには

 

 

 

薬の知識がある程度あれば自分の症状に合った薬が見つかるので問題はないですが、勧められただけで本当に効果があるのか?不安に感じる場合もあるでしょう。本当に風邪薬が必要か?ということで迷うかもしれません。

 

 

非常に判断は難しいところですが、以前似た症状で薬を飲んで治った場合には効果が期待できると言えます。もちろんその時より重症だったり、症状が異なる場合には同じ薬を選ぶ確率は低くなります。

 

 

風邪薬は継続して飲むものではありませんので、どの風邪薬でも1箱飲み終え(または飲みきる前に)症状が落ち着かなければ受診するのが一番安全です。

 

 

 

さいごに

 

 

 

ドラックストアは商品を購入するのももちろんですが、信頼できるスタッフさんに相談し、薬で治るのかどうか、すぐにでも受診する必要があるのかどうか、意見を求めることも大切なことのひとつです。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

 

・ドラックストアで商品を購入する際には、本当にその薬が必要か、治るかどうか判断するためにスタッフさんに相談することが節約にもつながる

 

 

お読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク