読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ウエルシアではセルフメディケーション税制度の説明がわかりやすいよ!

セルフメディケーション税制度

スポンサーリンク

ウエルシアではセルフメディケーション税制度の説明がわかりやすいよ!

 

 

セルフメディケーション税制度をご存知でしょうか。ざっくり述べますと、対象の市販薬を購入した額が年間12000円以上であれば減税できる税制度です。

 

 

詳しくはこちらで述べてありますのでご参考にして下さい。

 

 

ある程度の知識を得ても実際に購入するのはまた別のこと。対象商品が覚えられないなど不安な点もあるでしょう。そこはもう利用するドラックストアにまかせてしていまいましょう。

 

 

ツルハやマツモトキヨシ、サンドラックやスギ薬局など様々なドラックストアがありますが、特にイオングループのウエルシアではセルフメディケーション税制度について理解しているスタッフさんが多くいるのでおすすめです。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

セルフメディケーション税制度とは

 

 

セルフメディケーション税制度とは2017年度から開始する新しい税制度です。ドラックストアで購入できる市販薬限定で年間の購入額が12000円を越えると、翌年に確定申告をすることで減税できる制度です。

 

 

もちろんこれまでの医療費控除制度がなくなるわけではありません。ただ、医療費控除では治療に要する市販薬の購入とその他医療費の合計額が基本的には10万円以上にならなければ利用ができません。慢性的な疾患で通院していたり、出産や歯の治療などを除いて達するのは意外と難しいものです。

 

 

国の莫大な医療費を少しでも削減するために、病院ではなくドラックストアを利用しセルフで治療することを目的としている税制度なのでしょう。

 

 

セルフメディケーション税制度の対象となる市販薬は

 

 

残念ながらこの税制度、全ての市販薬が対象となるのではありません。それは何故でしょうか。

 

市販薬は要指導医薬品・第1類医薬品・第2類医薬品(指定第2類医薬品)・第3類医薬品と分かれています。これは作用・効果の強さというわけではなく、安全性の面から分類されていると考えられます。

 

要指導医薬品・第1類医薬品に関しては購入の際に薬剤師の判断が必要です。例えばロキソニンS(第1類医薬品)は胃を荒らしたり、肝臓・腎臓に負担を与えてしまいます。風邪薬や鎮痛剤で喘息を起こしたことがあれば購入は出来ませんし、馴染みはありますが注意が必要な薬でもあります。

 

話が飛びましたが、今回の税制度の対象医薬品は従来の医療費控除同様に治療が目的であることが前提だと考えられます。例えばビタミン剤や栄養ドリンクなど疲労回復や健康維持の目的の商品は該当しません(その中でも例外的にメコバラミンVB12を含むアリナミンEXゴールド、ナボリンSなど治療目的のものは対象です)。

 

風邪薬や痛み止め、鼻炎の薬、せきどめなどその時の症状を緩和する目的の商品は該当します。ただ、厚生労働省が定めた有効成分が配合されていない市販薬に関しては対象にはなりません。これを判断するのは一般の方には難しいですし面倒なことでしょう。

 

 

対象商品を簡単に購入するには

 

 

「税・控除対象」マークを表示する努力義務がありひと目でも分かりますが、単純に購入店のスタッフに声をかけるのが何よりも簡単です。対象商品をきちんと把握しているスタッフはもちろん、店舗独自で価格表示に掲示をしていたり、パンフレットを用意しているドラックストアがあります。

 

 

関東や東北、中部、関西などに展開しているウエルシアでは、価格表示に黒いダイヤマークを記載しひと目でわかるようになっています。また税制度を解説するパンフレットも配布しており、スタッフに相談することなくとも、セルフで購入するのも容易でしょう。

 

 

もちろん、無理に対象商品を、ではなく、その時の症状に合わせた薬を購入するのが前提です。治らなかったら意味がありませんからね。

 

 

この記事から言えること

 

 

2017年度から始まるセルフメディケーション税制度を利用しよう

・全ての市販薬ではなく対象となる商品があることに注意しよう

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク