読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ざっくり分かる苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の注意点!

お店の薬を知ってお得!

スポンサーリンク

ざっくり分かる苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の注意点!

 

 

 

苛性ソーダという名を聞いたことはありますか。これから苛性ソーダを使用する予定がある、苛性ソーダを使用したことがあるけど、詳しくは知らない。今回はそんなあなたにお勧めの苛性ソーダについての注意点を記載した記事です。

 

 

 

ドラックストアはとても便利で、劇物を購入することもできます。劇物?なんだそれ、そんなの必要ないよ。とお思いになる方がほとんどでしょう。もちろんその通りです。

 

 

 

劇物の中で最も身近(?)なのが苛性ソーダです。苛性ソーダは別名・水酸化ナトリウムと呼ばれ、お掃除や石鹸を作るのに用いられます。例えば飲食業の方や石鹸つくりをたしなむ方の必需品ともいえます。

 

 

 

少し詳しく見ていきましょう。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

 

苛性ソーダとは

 

 

 

苛性ソーダは一般には水酸化ナトリウムと呼ばれ、強いアルカリ性を持った物質です。眼、皮膚などの生体組織に強い腐食性を持つため、正しく使用しないととても危険な物質です。

 

 

 

その危険性から、苛性ソーダは薬事法劇物に指定されています(薬事法は国の定めたお薬の決まりごとです)。

 

 

 

苛性ソーダを購入する際には

 

 

 

苛性ソーダをどこで購入するのか。ドラックストアで購入できます。ただ、薬局の併設されたドラックストアでなければ購入できません。言い換えれば、身近にある調剤薬局でも購入することが可能でしょう。毒物劇物販売許可証を飾っている薬局でしたらまず、間違いありません。

 

 

 

しかしながら、許可証があっても販売をしていない薬局もあります。それは、以前に購入を頻回に繰り返したり、一度に大量の苛性ソーダを求めたりしたお客さんがいたのでしょう。やはり劇物に指定されているだけあり、取扱店にも販売者への責任があるからです。

 

 

 

購入できない場合は苛性ソーダが本当に必要なのか今一度考え、別の薬局を訪ねるようにしましょう。

 

 

購入時に必要なもの

 

 

 

持参するもの:身分証明証、印鑑。

 

 

 

この二つを持っていけばまず間違いなく購入できるでしょう。身分証明証は健康保険証でなく顔写真のある運転免許証ならばスムーズでしょう。薬剤師さんはきっちり確認するのでごまかしは通用しません。

 

 

 

もちろん、氏名や住所(場合によっては連絡先)使用目的などを書類に記入する必要があります。劇物の使用中のトラブルや廃棄の仕方に困ったときにお世話になる可能性もありますので、正確に記入しましょう。

 

 

 

取扱いの注意点

 

 

 

苛性ソーダを購入して終わりではありません。注意点をしっかり把握して使用する必要があります。

 

 

    目に入ると視力の低下や悪ければ失明にもつながるので取扱いには防具メガネやゴーグルが必須

 

    万が一、眼に入ってしまった場合、大量の流水で洗眼し、その後必ず医師の診察が必要

 

    誤って飲んでしまった場合、消化器の粘膜が侵され死亡することがある

 

    吸ってしまうことでも害があるので、特殊なマスクが必須

 

    皮膚に触れるだけで、腫れや発熱を起こす可能性があるので全身を覆った状態で、ゴム手袋や長靴も必要

 

    空気中の湿気と反応して発熱し、可燃物を燃やす恐れがあるので絶対に可燃物の近くでは作業しないこと

 

    水と接触しても、発熱する恐れがあるので、水を注ぐようなことは絶対にしないこと

 

    苛性ソーダを溶かすときには換気が必要、口からでも鼻からでも蒸気を吸ってしまうと粘膜が侵される

 

    余ったものを溶かして水道に流せない、蒸気も発生して大変危険、環境への配慮も必要

 

    お住まいの自治体に連絡をして、廃棄方法を確認する必要あり

 

 

 

この記事から言えること

 

 

 

・苛性ソーダは取扱いに危険な物質なので購入する際には今一度考えることが大切

・苛性ソーダの使用時には十分な注意が必要

 

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

 

※この記事は苛性ソーダの購入を勧める記事ではありません、取扱いの注意について記載した記事です

スポンサーリンク