読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ブスコパンはドラックストアでも買えるよ!

お店の薬を知ってお得!

スポンサーリンク

ブスコパンはドラックストアでも買えるよ!

 

 

お腹の痛みを感じてお医者さんに診てもらうと、整腸剤と一緒に痛みをすぐに和らげる薬が処方されます。それがブスコパンです。ブスコパン?聞いたことはあるけれど何の薬だっけ‥?

 

 

ブスコパンは鎮痛鎮痙剤(ちんつうちんけいざい)に分類され、つらい腹痛や胃の痛み、胃のさしこみなどに効果的なお薬です。販売されたのは1956年。長く使用されているお薬のひとつです。

 

 

今回はブスコパンについて少し詳しくみていきましょう。

 

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20170107143705j:plain

 

 

 

 

ブスコパンとは 

 

 

ブスコパンとは日本ベーリンガーインゲルハイムが販売している鎮痙剤です。鎮痙作用とは痙攣を鎮めるという意味です。主に胃痛や腹痛、胃のさしこみなどに処方されます。

 

 

 

ブスコパンはドラックストアでも購入できる?

 

 

ブスコパンは商品の名前で、有効成分はブチルスコポラミン臭化物といいます。このブチルスコポラミン臭化物を配合した市販薬が実はあります。それがブスコパンA錠(エスエス製薬)とエルペイン錠(興和株式会社)です。

 

 

ブスコパンA錠はその名の通り医療用のブスコパンの成分がそのまま配合されています。1錠あたり10mgという配合量もまったく同じです。異なるのは承認されている用法です。

 

 

医療用のブスコパン11-2錠で13-5回服用できます。ただ、市販のブスコパンA錠は1113回までです。定められている服用量が異なりますから、市販のブスコパンA錠で効果がない場合には受診をする必要があります。

 

 

続いてエルペイン錠です。これは生理痛専用鎮痛剤であり、ブチルスコポラミン臭化物とイブプロフェンが配合されています。配合量は1錠あたり10mg13回まで、ということでブスコパンA錠と同等です。市販では1日最大30mgと定められているのでしょうか。

 

 

このように、腹痛やさしこみでつらい時には市販のブスコパン配合製剤で済ませるのも考え方のひとつです。

 

 

 

ブスコパンの注意点

 

 

 

ブスコパンは優れた鎮痙剤ですが、原因そのものを治す薬ではありません。例えば胃の痛みで飲む場合には、胃炎や潰瘍、逆流性食道炎などの治療が必要な症状の場合もあるでしょう。その場しのぎで服用してしまうと、重篤になってしまう場合もありますので、数日間の服用で改善しない場合には必ず受診をしましょう。

 

 

ブスコパンには抗コリン作用(副交感神経を抑えてしまう作用)があります。それに伴いのどの渇きや便秘、眼の調節障害など身体の変調を引き起こす恐れがあります。例えばエルペイン錠の効能・効果には「主に、軟便を伴う下腹部の痛み」という記載もあり、この抗コリン作用で便秘になる恐れがあることを考えているのでしょう(筆者の個人的な見解です)。

 

 

添付文書に記載されている副作用について、便秘は4.4%、となっており100人の服用で4-5人くらい便秘になるということです。これを多く感じるか少なく感じるかは服用する方によるでしょう。

 

 

また、排尿困難、緑内障、心臓病などの既往がある方は必ず医師か薬剤師に相談してから服用をして下さい。

 

 

 

この記事から言えること

 

 

 

・医療用のブスコパンと同じ成分を配合した市販薬がある

・ただ、医療用よりも少なめに用法が設定されているので、市販薬で効かなければ受診が必須

 

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

 

参考文献:ブスコパン添付文書、ブスコパンA錠添付文書、エルペイン錠添付文書

 

 

 


 

スポンサーリンク