手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

薄めて使う時代はもう終わり!そのまま使えるうがい薬があるよ!

スポンサーリンク

薄めて使う時代はもう終わり!そのまま使えるうがい薬があるよ!

 

 

風邪の季節になると予防的にうがいをしなくては‥なんて思っていてもなかなか実行できないのが人情です。忘れてしまう原因のひとつにはやはり水で薄める手間が挙げられます。

 

 

うがい薬と言えば、原液を水で薄めてうがいするのが一般的ですが、実は水で薄めずに、そのまま使用できるうがい薬があります。それがシオノギイソジンうがい薬Cです。

 

 

このブルーの爽やかなパッケージを見たことはありませんか。今回はイソジンうがい薬Cについて記載していきます。

 

 

水で薄めるうがい薬はこちらの記事をご参考にしてください。

 

umikonnbuhaten.hatenablog.com

 

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20170107151827j:plain

 

 

 

うがい薬とは

 

 

うがい薬とはのどの殺菌消毒、炎症を鎮めることを目的として口の中で効果を発揮する薬です。主な成分は3種類あり、ポピドンヨード、アズレンスルホン酸ナトリウム、セチリピリジニウム塩化物(以下CPC)です。

 

 

イソジンうがい薬Cの有効成分でもありますが、最も一般的なのはポピドンヨードです。のどの殺菌・消毒効果が認められており、茶褐色のうがい薬は、薬に興味のない方でも一度は見たことがあるでしょう。

 

 

アズレンスルホン酸ナトリウムは胃の炎症を鎮める薬として飲み薬としても処方されています。この炎症止め作用はもちろんのどの炎症にも効果的で、青い色のうがい薬といえばアズレンの成分が配合されています。

 

 

最後にCPCですが、殺菌作用が認められており色のついていない無色透明の商品が多くあります。例えばポピドンヨードの味が苦手、色のついたうがい薬が苦手などあれば、この成分配合のうがい薬で間違いありません。

 

 

イソジンうがい薬Cとは

 

 

明治うがい薬やイソジンうがい薬シオノギ)など、原液をコップに注ぎ、水を入れ薄めてうがいする薬が一般的な中でも、イソジンうがい薬Cは薄めずにそのまま使用することが出来ます。

 

 

有効成分はポピドンヨードであり、のどの殺菌消毒作用が期待できます。風邪が流行る季節にとても便利なうがい薬です。また、口臭対策としても有用であり、タバコを吸う方や口臭が気になる方にも適しています。

 

 

使い方はとても簡単。15-20mlをキャップに量ってそのままうがいをするだけ。これを1日数回おこないます。薄めなくていいというのは、リステリンデンターシステマなどの洗口液で口の中をすすぐようなイメージで使用することが出来ます。

 

 

ただし、洗口液はブラッシングして含んで30秒間ほどぐちゅぐちゅとする必要があります。一方イソジンうがい薬Cは口に含んで23回のうがいの指示であり、医薬品ですからその用法通り使用するようにしてください。

 

 

この記事から言えること

 

 

・水で薄めなくても使用できるうがい薬がある

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

参考文献:イソジンうがい薬C添付文書

 

 

 


 

スポンサーリンク