読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

ドラックストアではうおの目、たこの薬も購入できるよ!

スポンサーリンク

ドラックストアではうおの目、たこの薬も購入できるよ!

 

 

歩いたり走ったりすると足の裏に激痛が走る、それはもしかしたらうおの目かもしれません。皮膚科に行けば間違いなく治療してくれますが、そんな暇もない‥。そんな時にはドラックストアを利用しましょう。うおの目やたこのお薬を購入することができます。

 

 

少し詳しく解説していきます。

 

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

うおの目とたことは

 

 

皮膚が摩擦や圧迫など慢性的な刺激を受けると、皮膚の角質層が厚くなります。皮膚の内側に向かって厚くなり、中心に魚の眼のような白い芯が見えるのを「うおの目」といいます。うおの目は芯を押したり歩行して刺激を受けた際に痛みを感じるのが特徴のひとつです。

 

 

一方、皮膚の外側に向かって厚くなったものが「たこ」です。たこは痛みを感じることは少なく、足の裏に出来やすいうおの目とは異なり、ペンだこや座りだこのように身体のいたるところにできるのが特徴です。骨がでっぱっている部位にも出来やすいです。

 

 

うおの目かたこかはっきりしない場合にも、使用する薬は同じですからご安心下さい。ただし「ウイルス性のいぼ」やその他の皮膚病の場合には受診が必要ですから、判別には気をつけたいところです。

 

 

 

それでは、いぼとは何か

 

 

 

原因の大半はウイルス性のことが多く、皮膚から盛り上がっているできものを「いぼ」といいます。市販されているサリチル酸配合の市販薬にはいぼも適応がありますが、角質化(皮膚が厚く硬くなっている)したもののみに使用が可能です。ウイルス性のいぼの場合には使用出来ないことに注意が必要です。

 

 

 

うおの目・たこに効果的な有効成分は

 

 

 

うおの目やたこは硬くなった皮膚を軟らかくすることで、治すことができます。市販の治療薬には皮膚軟化作用のあるサリチル酸製剤が配合されています。これはお医者さんでも用いられる、ごくごく一般的な成分ですが、正常の皮膚に用いてしまうと、皮膚が柔らかくなりすぎたり、多量に吸収されて思わぬ副作用につながることもあります。

 

 

飲み薬では生薬成分のヨクイニンが用いられます。ヨクイニンはいぼの除去やにきび、吹き出物の緩和、肌荒れの改善効果が認められています。さらに、むくみや筋肉痛、神経痛の緩和や炎症止めとしての働きもあります。コタローのヨクイニン散やヨクイニン錠などは医療関係者の中では比較的有名です。

 

 

 

商品の選び方

 

 

 

まずはうおの目かたこ、いぼなのか判別して下さい。うおの目かたこの場合にはスピール膏やイボコロリ、ウオノメコロリなどを選びます。いぼの場合には飲み薬のヨクイニン配合製剤か、角質化の場合にはサリチル酸製剤を選ぶことができます。それ以外の場合には受診するようにしてください。

 

 

ここで注意が必要なのはイボコロリの適応にはいぼは含まれない、ということです。禁忌ですから使用は避けるようにしてください。それなら何故商品名に入っているのか‥おそらくいぼ全般ではなくウイルス性のいぼに使用不可ということでしょう。

 

 

 

商品の使い方

 

 

 

市販されている薬には飲み薬、貼り薬、液剤の選択肢があります。飲み薬は先ほど述べたヨクイニン製剤が主ですから、いぼの場合にはこちらが第一選択となります。うおの目とたこの場合には外用剤が適しています。

 

 

貼り薬や液剤にはサリチル酸が含まれています。貼り薬については症状の部位よりもやや小さめの商品を選ぶのが望ましいでしょう。これは正常な皮膚にサリチル酸が塗布されてしまうと、身体への吸収量が上がってしまったり、皮膚が柔らかくなりすぎたりするためです。

 

 

スピール膏やイボコロリなどにはSMLサイズ、フリーサイズ、液剤とあらゆる種類がありますから、うおの目やたこのサイズに合わせて購入していただければよいでしょう。貼り薬は25日間貼りっぱなしで良く、はがれてしまったら張り替えましょう。数日経つと次第に患部が軟らかくなりポロっと剥がれ落ちる仕組みになっています。

 

 

患部が2箇所や3箇所にわたる場合には、貼り薬ではなく液剤が使いやすいです。1日に数回使用する手間はありますが、何箇所も貼るよりは使いやすいです(あくまで筆者の意見ですのでご自身が使いやすいものを選べば問題ありません)。また、サイズが合わない場合にはフリーサイズを購入すれば良いでしょう。使いやすい大きさに切って使用できますから、とても使い勝手が良いものです。

 

 

 

具体的な商品は

 

 

 

ではドラックストアで販売されている代表的なうおの目・たこ・いぼの治療薬をご紹介させていただきます。

 

 

ニチバンから販売されているスピール膏ワンタッチEXには足うら専用MLサイズと指・足うら用Mサイズがあります。いずれも有効成分は皮膚軟化成分サチリル酸50%です。ですから得られる効果はまったく一緒です。

 

 

f:id:umikonnbu:20170403221102j:plain

 

 

このスピール膏にはサイズ調整シールが付いています。これを使用すれば、薬剤が正常な皮膚についてしまうのを防ぐことができるのです。とっても便利ですね。それぞれ、使用部位に適した大きさに設定されていますので単純に使う場所で選べば問題ありません。

 

 

いぼの緩和目的でのヨクイニン配合薬では、クラシエヨクイニンタブレットイボコロリ内服錠がオススメです。ヨクイニンエキス1500mg1日量)配合したクラシエヨクイニンタブレットにはパウチタイプもあり、お試しとして7日間続けて飲むことができます。成人16錠で13回飲まなければならないことは難点でありますが。

 

 

一方、イボコロリ内服錠にはヨクイニンエキスが1998mg1日量)配合されておりその量は比較的多めです。医療用のヨクイニン錠は1日量で2000mg配合されていますから、それと匹敵する量です。成人16錠で13回飲む点は同じですが、こちらの商品もおすすめできますね。

 

 

f:id:umikonnbu:20170403221038j:plain

 

 

 

さいごに

 

 

ここまで、ドラックストアで販売しているうおの目、たこ、いぼの治療薬を紹介させていただきました。一度診察を受けてまたうおの目やたこができている場合にはドラックストアでスムーズに対応ができます。初めての場合やいぼ、判別がつかない場合には受診するのが望ましいです。

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク