手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

カンジダ治療薬が使いにくいと考える方にはフレディCC膣錠Aアプリケーター付きがオススメ!

スポンサーリンク

カンジダ治療薬が使いにくいと考える方にはフレディCC膣錠Aアプリケーター付きがオススメ!

 

 

 

カンジダの再発治療薬が薬剤師の常駐しているドラックストアや調剤薬局で購入できることは有名な話になりつつあります。ただ、購入したはよいのですが、膣坐剤や膣錠を上手に使用できるか、については疑問が残りますね(再発治療薬なので以前に処方された膣錠は使用されたかもしれませんが)。

 

 

そんな場合にはフレディCC膣錠Aアプリケーター付きを試してみるのもよいかもしれません。アプリケーターとは聞きなれない言葉ですが、どういったものか見ていきましょう。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

 

f:id:umikonnbu:20170403230034j:plain

 

 

 

 

フレディCC膣錠とは

 

 

フレディCC膣錠は膣カンジダの再発治療薬としてロート製薬から販売されている商品です。メディトリート(大正製薬)など他の膣カンジダ治療薬と同様に第1類医薬品の分類ですから、ネット通販や調剤薬局、調剤併設ドラックストアなどで購入できます。

 

 

有効成分はカンジダに効果的に働くイソコナゾール塩酸塩で、医療用ではアデスタン膣錠として使用されています。お医者さんでも使われている成分ですので比較的安心して使用できる成分と考えて問題ないでしょう。

 

 

 

カンジダとは

 

 

 

カンジダは女性の常在菌(身体に常にいる菌)のひとつです。風邪や、抗生物質の内服、ストレスなど免疫力が低下するとカンジダ菌が増殖し、おりものやかゆみなどの症状を引き起こします。女性だけでなく、男性にも発生する症状ですが、現在市販されている市販薬は女性の膣用ですから、男性の場合には受診するしかありません。

 

 

 

アプリケーターとは

 

 

フレディCC膣錠Aではアプリケーターが同封されています。膣錠を使い慣れている方は問題ありませんが、慣れるまでは薬を入れるのに上手く行かない場面もあります(膣錠は楕円形で上下が分かりにくいことも多い)。そこで、アプリケーターに膣錠をセットし、押し出すだけで正しい位置に導く商品が開発されました。

 

 

商品の外箱からもはっきりとわかりますが、商品は昔の筆箱のような大きな包装で6本(6回分)のアプリケーターが同封されている状態です。もちろんひとつひとつが個包装であり、清潔に使用することが可能です。

 

 

 

使用上の注意点

 

 

市販されている膣カンジダ治療薬は、再発の場合に購入が出来ます。初めての症状でしたら購入できませんので必ず受診することが必要です。再発を繰り返す場合には、継続的な治療が必要ですからこの場合にも受診をするようにしてください。

 

 

また全身の症状(例えば発熱、吐き気、下腹部痛など)があればカンジダ以外の症状も考えられますので、購入せずに受診をするのが安全と考えられます。使用後のアプリケーターに関しては再使用はできませんので、アプリケーターごと破棄してください。

 

 

使用は毎日継続すること、3日連続して使用しても緩和しない場合には必ず受診することが大切です。

 

 

 

さいごに

 

 

 

フレディCC膣錠は膣錠のみの商品とアプリケーター付きのフレディCC膣錠Aが販売されています。使用方法に自信がない場合にはフレディCC膣錠Aの購入を考えてみてもよいかもしれません。

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

 

umikonnbuhaten.hatenablog.com

 

スポンサーリンク