手軽に実践!!ドラックストアで得する方法100選

生活には切り離せないほど身近になったドラックストア。お店と薬、調剤薬局に分類して、ドラックストアで得する方法を記載しています。

頭痛や生理痛に早く効くから嬉しい!ロキソニンSをドラックストアでも購入できます!

スポンサーリンク

頭痛や生理痛に早く効くから嬉しい!ロキソニンSをドラックストアでも購入できます!

 

 

 

ロキソニン」という医薬品を知っていますか。成人のかたで整形外科や内科を受診すると処方される成分ですので聞いたことがあるかもしれません。

 

今ではロキソニンの貼り薬や塗り薬タイプの商品もドラックストアで購入できるためその認知度は高まる一方でしょう。

 

 

ロキソニン」は商品自体の名前であり、配合されている成分はロキソプロフェン60mg(その他添加物)です。

 

これまでは医療用(受診による処方箋が必須)のみでしたが、ここ数年前にドラックストアで購入できるようになりました。

 

当然、ドラックストアで購入できるロキソニンも同濃度配合していますから、その効果は同等です。

 

 

身体の痛みや生理痛、発熱などでお悩みの場合にロキソニンがオススメです。少し詳しく解説していきます。

 

 

 

この記事の目次

 

 

 

f:id:umikonnbu:20170525001624j:plain

 

 

 

ロキソニンとは

 

 

ロキソニンとは医療用成分として第一三共株式会社が販売している医薬品です。

 

鎮痛剤の中でも処方頻度は高く、肩こりや腰痛で整形外科を受診した場合や、具合が悪く発熱や身体の痛み、のどの痛みを内科で診てもらった場合にも処方されます。

 

 

数年前に市販薬(ドラックストアでも購入可能な)として販売され、調剤薬局や薬剤師の常駐しているドラックストアでも購入ができるようになりました。

 

その商品名はロキソニンS錠です。

 

 

 

ロキソニンSについて

 

 

市販さているロキソニンSですが、医療用と同成分、同濃度の解熱鎮痛成分が配合されています。有効成分はロキソプロフェン60mgです。

 

販売元もロキソニンと同じく第一三共ヘルスケア株式会社であり、内容が異なるということはありません。

 

 

購入にあたっては注意が必要で、ロキソニンSは第一類医薬品に分類されていますので、薬剤師の指導のもと購入をしなければなりません。

 

セルフでの購入ができないことに注意が必要です。

 

 

 

用法の違いについて

 

 

有効成分はほぼ一緒なのですが、医療用とは用法が異なります。

 

医療用では定期的に、13回食後に飲む指示が出ることもあれば、痛みの感じたときに1錠と頓用的に服用させる場合があります。

 

 

一方、市販のロキソニンSですが、定期的な用法はありません。

 

頓用的に11錠で様子をみていただき、4-6時間の服用間隔を空けて1日最大3回まで飲むことが可能、という用法に設定されています。

 

 

薬剤師の対面での指導があるとはいえ、腎臓や消化器官へ負担のかかるお薬ですから、定期的な服用を希望の場合には、主治医に相談するのが良いでしょう。

 

 

 

有効成分ロキソプロフェンとは

 

 

ロキソニンSに配合されているロキソプロフェンですが、非ステロイド性消炎鎮痛薬に分類されます。

 

ステロイドではないこと、炎症を鎮める働きがあること、痛み止めの作用があることが、この分類から想像できます。

 

 

ロキソプロフェンは身体の中の、発熱、炎症物質であるプロスタグランジンの生成を抑制することで熱を下げ、炎症を鎮める作用が期待できるのです。

 

市販薬としては同じ仲間にイブAエスエス製薬)に配合されているイブプロフェンが挙げられます。

 

 

 

ロキソニンSの注意点

 

 

 

ロキソニンSは優れた解熱、消炎、鎮痛作用を持つ一方で、腎臓や消化器官への負担も懸念されています。

 

痛み止めは空腹時ではなく食後に飲むとよいとされているのは、鎮痛成分が胃の粘膜を傷つけてしまうからです。

 

食事をしてから飲むことが難しい場合には、コップ半分以上のお水や、軽食を摂ってから飲むのがオススメです。

 

 

ロキソプロフェンは鎮痛剤の中では比較的胃を荒らしにくいデータもあります。

 

お薬が吸収されてはじめて活性化し効果を示すプロドラックという特徴を持ち、副作用が出にくいことも特徴のひとつです。

 

 

また、医療用ではお子さまにでることもありますが、市販のロキソニンS15歳以上からの内服に決まっています。

 

お子様の臓器は成人に比べて未発達ですから、症状が変化し思わぬ副作用が出てしまう恐れがあるからです。

 

お子さまの発熱や、のどの炎症の場合には受診するのが良いでしょう。

 

 

以前に風邪薬や咳止め、鼻炎薬、解熱剤などのお薬を飲んで、喘息症状が起こってしまった方にも服用は避けていただきます。

 

ロキソニンの有効成分が咳を起こしてしまうことがありますので十分に注意が必要です。

 

 

ちなみに、発熱やのどの痛みなどは細菌やウイルスが原因となることが多く、ロキソニンは対処療法として考えるのが大切です。

 

原因の治療にはなりませんので、今の苦しさが多少和らげば‥程度に考えるのもよいでしょう。

 

 

注意点を簡単ではありますが記載しました。服用の際は必ず薬剤師や医師のお話を伺ってからになさって下さい。

 

 

 

さいごに

 

 

発熱やのどの痛みでお悩みの際には調剤薬局か薬剤師のいるドラックストアでスタッフさんに相談してみるのもよいでしょう。

 

何かお飲みのお薬があれば、お薬の情報文書やお薬手帳を持参すれば、服用できるか判断してくれるでしょう。

 

 

もちろん発熱に咳や鼻水まで付随している場合にはロキソニンだけでは治りません。総合の風邪薬の選択か、早期に受診するのが望ましいです。

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 


【第1類医薬品】ロキソニンS 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

スポンサーリンク